五木寛之がその著書『人生の目的』で結論づけていることは、人生の目的の第一歩は生きることである。何のためにという答えは後からついてくるだろう、ということだ。