多数決という法律で決めたそのことが、天意に沿っているかいないか、それを話し合ってほしいのです。
民意のはるか上に天意があるのですから。