必ずこっちを立てればこっちが立たないようになっているのです。