見えないどこかに親玉が一つだけいるのです。そこにたどり着かないとダメなのです。