いつでも、やっぱり誰かが悪いと思ってしまいます。癖なのです。