お金をかけて造ったこの世の物は、存続させるための費用をひねり出すこと、つまりその物を利用するには有料であることです。