お天道様にかかわって生きていくためには、この二つの実践しかありません。