人間がもっとも苦手とすることで、天がもっとも得意とすることが、