一、子どもたちと個と個のつきあいをしていきましょう。