必死で生きながら、必死で維持しながら、懸命にこころの提案をしているのです。