これから、究極的には、欲望を満たすための事業ではなく、欲望を放すための事業が求められる時代に突入しようとしています。