加えて、いつ自分の人生の終わりが来るかあらかじめ知ることができない仕組みになっているのですから、一日でも早く問題を片付けて、思い残しのない人生を送りたいものです。