社主であるその「男」の胸には熱き念いが秘められているはずです。その熱き念いを伝えずして、どうやって経営していくというのでしょうか。