自分の中では不得意な分野がだいたい分かっているから、そういう場面が出てきそうなところには行かなければいいのに、行ってしまうのですから。