自分はこの部分はこの人が興味のあるものについていけないなとか、ここの部分はあの人は全然わかっていないなということがわかったなら、合うところだけで話をすることが大事です。