ということは、相談を受けた時に一番いいのは、その人が期待している答えを出してあげることです。結局どう答えて欲しいの?と聞ければいいのですがそうもいきませんが、どんな答えを期待しているか分かれば、「そうしたら」と答えてあげることです。