6、相談を受けて、答えを出す

相談を受けた以上必ず答えを出すことです。ときに相談を受けるだけの人がいます。話は聞いてあげるけれど、何も答えてあげられないというのは駄目です。やはり相談を受けて、答えを出してあげなくてはなりません。ただし、たとえその答えが多少外れていても大丈夫なのです。