そういう意味ではあまり神経質になることはないのですが、それは小さな分かれ道にさしかかっている時のことで、大きな分かれ道にさしかかって右か左かという時、ここで間違うと元に戻ってこられなくなることがあるので気を付けなければなりません。その人生の大きな岐路の話です。