時の流れの中で、私たちの人生はつぎつぎに織り上がっています。

私たちの存在を決定づけているものは、時間です。この世に存在するモノには、すべて時間が与えられます。時間が与えられない存在というモノはありません。


時間とは、今という瞬間の連続です。現在という瞬間の連続です。

自分という存在に時間が与えられているということは、常に私たちは現在に立ち続けるということです。常に私たちは過去をつくり続けるということです。そして、常に私たちは未来を引き寄せ続けるということです。


しかし、私たちは現在にしか、生きることはできません。現在に存在することしかできないのです。

私たちがつくり続けた過去はすべて、それこそ過去の遺産なのです。だから、過去を振り返ってはいけません。振り返っても何の力にもなりません。それどころか、後悔の思いで過去を振り返るとき、現在持っているパワーまで落とさせてしまいます。

私たちが現在にしか生きられないということは、裏を返せば、現在にだけは生きられるということです。

そして、私たちに未来を見通すことができる能力を与えられているということは、現在に生きるためにこそ、その未来を見通す力をフルに使えるということです。
未来を遠くまで、できる限り遠くまで見通すことです。

未来を見通すことができるなら、いまここで、自分は何をしなければならないかが、少しずつ分かってくるはずです。


HMU 達弥西心