(7)達弥西心のわかりやすい話「見極め」

達弥西心のわかりやすい話「見極め」

●人生の正解 - HMU 達弥西心

間違えたくないあなた、人生において正解というもの、それはいったいどんなものでしょうか。どんな分かれ道でどんな選択をすれば、正解なのでしょうか。

幼稚園はどこに入れば正解ですか。高校はどこが正解ですか。大学は、就職先はどんな選択が正解ですか。どこまで出世すれば、どれだけお金を貯めれば正解ですか。対人関係は、結婚相手はどんな人を選べば正解ですか。

人生に正解というものは、ありはしないでしょう。それなのに、あなたは間違えたくないと思っている。そう思って、他の人に相談している。

もともと正解なんてないのですから、他の人に正解が出せるはずがないのです。正解があるとすれば、「本当は、この私は、どうしたいと思っているか」だけなのです。純粋に自分に聞いて、自分で決めたことだけが、自分にとって、正解なのです。

世間の常識だとか、普通だとか、あてにならない実にあいまいな基準に、自分の「ほんとうの気持ち」をむりやりに合わせて窮屈に生きることが、どれだけ人生に失望とあきらめと、迷いと悩みと、苦しみと悲しみをもたらしているかを思ってみてください。

●迷ったときは - HMU 達弥西心

迷いはじめたら、「本当は」「私は」「どうしたいと思っているか」と、自分自身に聞いてみてください。胸に手をあてて、声を出して、「本当は、本当の本当の本当は」「私は、他の誰でもなく、この私は」「どうしたいと思っているか」と問うてみてください。

すると、答えは出ます。たった一つの答えが出ます。答えが出たら、誰にも一切相談せずに(ここが重要です)、自分でそのように決めて、そのとおりに動き出せば、それで良いのです。

間違えたくないと、あなたはたぶん思っているでしょう。しかし、人生において間違いというものはありはしないのです。

●悩みを解決する(2/2) - HMU 達弥西心

要するに、この、こころの葛藤を解消すれば良いのです。そうすれば、迷いも、悩みも一瞬にしてなくなります。

どのようにして解消するか。

解消する方法は二つです。ひとつは、頼っては駄目なんだと思わないこと。そんなこと一切思わず頼り切ってしまうことです。すなわち自分の考えの入る余地はありません。

あるいは、頼っては駄目なんだと思っているのだから、一切頼らないことです。

おわかりでしょうか。ともかく自分の中に矛盾を抱え込まないことです。

当たり前と思われるでしょうか。しかし、現実に矛盾を抱え込んで苦しい思いをしているのは、あなた自身です。

●悩みを解決する(1/2) - HMU 達弥西心

ところが、簡単にいかないのが人生です。「わかっているけど、でも・・・」となってしまうのはなぜでしょう。

人間って、なぜかいつも不安ですよね。いつもこれでいいのかなあと思っています。何かに、誰かに頼りたいと、いつも思っています。

でも頼っては駄目なんだと、何となくわかってもいます。

問題はここからです。頼っては駄目なんだとわかっているのに頼っているから、それが迷いや悩みになっているということに、あなたは気づいていたでしょうか。矛盾していることをやっていると迷いが生じるのです。その迷いがだんだん悩みになっていくのです。頼っては駄目なのに頼っている。これが矛盾です。それが、こころの葛藤になります。これがストレスの原因です。

●人生は悩むもの? - HMU 達弥西心

人生に悩みはつきものでしょうか。悩みはあって当然、人間だから仕方ない、とあきらめきれないのも人間です。できれば、何の悩みもなく、すっきりと気分爽快に生きてみたいと、誰でも本当は思っているのではないですか。

悩んでいる人は、実はどちらを選べば良いかの答えを知っている人です。その答えを、(こころは)充分知っているのに、アタマで一生懸命考え、いろいろな人の意見を聞いたあげく、何かの事情でそちらを選べなくなった人が悩んでいるのです。実にぜいたくで無駄なことです。

話は簡単です。どちらを選べば良いかわかっている。その答えのとおりに選べば、悩みは一瞬のうちに消えてなくなります。人生、話は簡単なのです。

●奇跡 - HMU 達弥西心

今こうして生まれてきたこと、こうして生きていることが、奇跡である。

私という存在が、今日もここにあるということが、すでに奇跡である。そう、存在そのものが奇跡なのだ。だから、私たちのまわりにはたくさんの奇跡が起こっている。

しかし人間は、自分にとって都合の良い奇跡だけを取り上げて、奇跡だ奇跡だと騒ぐ。やがてすぐに、その奇跡も、あたり前に思うようになる。さらに、もっと自分にとって、都合の良い奇跡が起こらないかと期待するようになる。

重要なことは、自分にとって都合の悪い奇跡も、自分にとって都合の良い奇跡と同じくらいに、たくさん起こっているということである。

奇跡は、人間誰にでも、平等に起こる。都合の良い奇跡は励ましであり、都合の悪い奇跡は修行である。都合の良い奇跡と都合の悪い奇跡は、同じ数ほどある。

要するに、自分にとって都合が良いと思うか、都合が悪いと思うかで、その奇跡がどちらかの奇跡になるにすぎない。

HMU 達弥西心

●奇跡が起こらないことが - HMU 達弥西心

奇跡というものは、ときにはオマケみたいな励ましであったり、ときには奮起のきっかけであったりします。

いわば、試練が裏の顔で、奇跡が表の顔のようなもので、二つは切り離せないものです。

試練を淡々と説いていく。その合間合間の奇跡を、励ましや奮起のきっかけと受け止めることです。大騒ぎするのでなく、淡々と、受け止めてください。


試練を嫌がり、奇跡を追い求めている人は、遠まわりにならないよう気を付けてください。

奇跡が起こらないのが、もっとも大きな、もっとも重要な奇跡です。

HMU 達弥西心

●今月最後の日 - HMU 達弥西心

月がきれいだった。沖縄の月は?東北の月は?京都の月は?そしてなぜか佐賀の月は?などと想いながら、虫の声が聞こえる大濠公園を歩いてきた。

明日は飛行機で名古屋へ飛ぶ。

今月最後の日。たのしい毎日。

みんな、がんばって生きてる、よね?

HMU 達弥西心

●結局どうする さてどうする - HMU 達弥西心

まず、最初に最後のことを考えるのです。ラストシーンを最初に描くのです。
結局どうするかが決まると、さてどうするかと始まりの場面が自然に決まります。終着点、目的地をまず最初に定めて、そのあとで、そこへ到達するための手段を考えます。

イベント会場の案内板の前で、まず自分の現在地の確認をして、それから目的地を見つけるでしょう。最後に、その目的地までどんな順路をたどるか検討するはずです。旅行でも同じです。まず行き先を決めて、それからバスか、電車か、飛行機かと考えます。交通手段から先に決めることはしないでしょう。


人生においてはどうでしょう。

目的地も到達点も定めないまま、何に乗ってみたいかと交通手段ばかりに気を取られていませんか。

最初に最後のことを考えるのです。最後の到達点に立っている自分の姿を、あらかじめこころに鮮やかに描くことです。途中がどうであれ、結局はこのラストシーンにつながっていけば良いんだと、短絡的に考えるのです。そう思い込んでしまうのです。


それでも、もし失敗したらどうしよう、と不安になるものです。

そこで、次の手です。「最悪の事態を想定して、最善の手を打つ」のです。

一見、消極的ですが、最悪の事態を想定するという姿勢は、とても強気になれるものです。どんなに悪くても、想定したそれ以上には悪くならないのですから、あとは限りない希望を持って強気に押していくことができます。これほどのプラス思考はないでしょう。


結局どうする。さて、どうする。どうすると、見極め、自分自身に決意を迫ることから、いきいきと生きる、ほんとうの人生がはじまっているのです。


HMU 達弥西心

●過去を振り返るな 未来を見通せ - HMU 達弥西心

時の流れの中で、私たちの人生はつぎつぎに織り上がっています。

私たちの存在を決定づけているものは、時間です。この世に存在するモノには、すべて時間が与えられます。時間が与えられない存在というモノはありません。


時間とは、今という瞬間の連続です。現在という瞬間の連続です。

自分という存在に時間が与えられているということは、常に私たちは現在に立ち続けるということです。常に私たちは過去をつくり続けるということです。そして、常に私たちは未来を引き寄せ続けるということです。


しかし、私たちは現在にしか、生きることはできません。現在に存在することしかできないのです。

私たちがつくり続けた過去はすべて、それこそ過去の遺産なのです。だから、過去を振り返ってはいけません。振り返っても何の力にもなりません。それどころか、後悔の思いで過去を振り返るとき、現在持っているパワーまで落とさせてしまいます。

私たちが現在にしか生きられないということは、裏を返せば、現在にだけは生きられるということです。

そして、私たちに未来を見通すことができる能力を与えられているということは、現在に生きるためにこそ、その未来を見通す力をフルに使えるということです。
未来を遠くまで、できる限り遠くまで見通すことです。

未来を見通すことができるなら、いまここで、自分は何をしなければならないかが、少しずつ分かってくるはずです。


HMU 達弥西心
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ