(7)達弥西心のわかりやすい話「見極め」

達弥西心のわかりやすい話「見極め」

●望まれる生き方(4/5) - HMU 達弥西心

私たちは、自分にとって都合の良いもの、自分に入って来るものは、貪欲に取り込んだり求めたりします。しかし、自分に入れてはいけないもの、入れない方が良いもの、自分が求めてはいけないもの、求めない方が良いものも、沢山あることにも気が付かなくてはなりません。

●望まれる生き方(3/5) - HMU 達弥西心

私が果たすものは何か、私が差し出すものは何か、私が託すものは何か、と、突き詰めていくとき、正味の自分がいったいどれだけのものだったかが、次第に見えてきます。

●望まれる生き方(2/5) - HMU 達弥西心

人生のテーマが、目指すもの、なりたいもの、得たいモノ、欲しいモノ、でないとしたら、いったい何でしょうか。

果たすもの、差し出すもの、託すもの。自分の使命や役割を果たす、自分が持っているもので使えるものはどうぞ使ってくださいと自ら進んで惜しみなく差し出す、自分でやりきることができなかったことは後に列なる人たちにどうぞ頼むぞと託す。

そういう生き方こそ、お天道様の望まれる生き方なのです。

●望まれる生き方(1/5) - HMU 達弥西心

目指すもの、なりたいもの、得たいモノ、欲しいモノ。知恵をしぼって、頑張って、チャレンジしてみる。力を出して、闘ってみる。

けれど、頑張れば頑張るほど遠くなっていくような気がすることがあるでしょう。何かが違う、どこかが違う。根本的に違っているかも知れない、スタートラインの位置から違っていたのかも知れないなと、ふと思うことがあるでしょう。

その「ふと思うこと」、・・・正解だったりするのです。

●人生の正解 - HMU 達弥西心

間違えたくないあなた、人生において正解というもの、それはいったいどんなものでしょうか。どんな分かれ道でどんな選択をすれば、正解なのでしょうか。

幼稚園はどこに入れば正解ですか。高校はどこが正解ですか。大学は、就職先はどんな選択が正解ですか。どこまで出世すれば、どれだけお金を貯めれば正解ですか。対人関係は、結婚相手はどんな人を選べば正解ですか。

人生に正解というものは、ありはしないでしょう。それなのに、あなたは間違えたくないと思っている。そう思って、他の人に相談している。

もともと正解なんてないのですから、他の人に正解が出せるはずがないのです。正解があるとすれば、「本当は、この私は、どうしたいと思っているか」だけなのです。純粋に自分に聞いて、自分で決めたことだけが、自分にとって、正解なのです。

世間の常識だとか、普通だとか、あてにならない実にあいまいな基準に、自分の「ほんとうの気持ち」をむりやりに合わせて窮屈に生きることが、どれだけ人生に失望とあきらめと、迷いと悩みと、苦しみと悲しみをもたらしているかを思ってみてください。

●迷ったときは - HMU 達弥西心

迷いはじめたら、「本当は」「私は」「どうしたいと思っているか」と、自分自身に聞いてみてください。胸に手をあてて、声を出して、「本当は、本当の本当の本当は」「私は、他の誰でもなく、この私は」「どうしたいと思っているか」と問うてみてください。

すると、答えは出ます。たった一つの答えが出ます。答えが出たら、誰にも一切相談せずに(ここが重要です)、自分でそのように決めて、そのとおりに動き出せば、それで良いのです。

間違えたくないと、あなたはたぶん思っているでしょう。しかし、人生において間違いというものはありはしないのです。

●悩みを解決する(2/2) - HMU 達弥西心

要するに、この、こころの葛藤を解消すれば良いのです。そうすれば、迷いも、悩みも一瞬にしてなくなります。

どのようにして解消するか。

解消する方法は二つです。ひとつは、頼っては駄目なんだと思わないこと。そんなこと一切思わず頼り切ってしまうことです。すなわち自分の考えの入る余地はありません。

あるいは、頼っては駄目なんだと思っているのだから、一切頼らないことです。

おわかりでしょうか。ともかく自分の中に矛盾を抱え込まないことです。

当たり前と思われるでしょうか。しかし、現実に矛盾を抱え込んで苦しい思いをしているのは、あなた自身です。

●悩みを解決する(1/2) - HMU 達弥西心

ところが、簡単にいかないのが人生です。「わかっているけど、でも・・・」となってしまうのはなぜでしょう。

人間って、なぜかいつも不安ですよね。いつもこれでいいのかなあと思っています。何かに、誰かに頼りたいと、いつも思っています。

でも頼っては駄目なんだと、何となくわかってもいます。

問題はここからです。頼っては駄目なんだとわかっているのに頼っているから、それが迷いや悩みになっているということに、あなたは気づいていたでしょうか。矛盾していることをやっていると迷いが生じるのです。その迷いがだんだん悩みになっていくのです。頼っては駄目なのに頼っている。これが矛盾です。それが、こころの葛藤になります。これがストレスの原因です。

●人生は悩むもの? - HMU 達弥西心

人生に悩みはつきものでしょうか。悩みはあって当然、人間だから仕方ない、とあきらめきれないのも人間です。できれば、何の悩みもなく、すっきりと気分爽快に生きてみたいと、誰でも本当は思っているのではないですか。

悩んでいる人は、実はどちらを選べば良いかの答えを知っている人です。その答えを、(こころは)充分知っているのに、アタマで一生懸命考え、いろいろな人の意見を聞いたあげく、何かの事情でそちらを選べなくなった人が悩んでいるのです。実にぜいたくで無駄なことです。

話は簡単です。どちらを選べば良いかわかっている。その答えのとおりに選べば、悩みは一瞬のうちに消えてなくなります。人生、話は簡単なのです。

●奇跡 - HMU 達弥西心

今こうして生まれてきたこと、こうして生きていることが、奇跡である。

私という存在が、今日もここにあるということが、すでに奇跡である。そう、存在そのものが奇跡なのだ。だから、私たちのまわりにはたくさんの奇跡が起こっている。

しかし人間は、自分にとって都合の良い奇跡だけを取り上げて、奇跡だ奇跡だと騒ぐ。やがてすぐに、その奇跡も、あたり前に思うようになる。さらに、もっと自分にとって、都合の良い奇跡が起こらないかと期待するようになる。

重要なことは、自分にとって都合の悪い奇跡も、自分にとって都合の良い奇跡と同じくらいに、たくさん起こっているということである。

奇跡は、人間誰にでも、平等に起こる。都合の良い奇跡は励ましであり、都合の悪い奇跡は修行である。都合の良い奇跡と都合の悪い奇跡は、同じ数ほどある。

要するに、自分にとって都合が良いと思うか、都合が悪いと思うかで、その奇跡がどちらかの奇跡になるにすぎない。

HMU 達弥西心
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ