(7)達弥西心のわかりやすい話「見極め」

達弥西心のわかりやすい話「見極め」

●見えるモノがあるおかげで 見えないものが見えやすくなる(4/6) - HMU 達弥西心

それがモノだけが見えるために、かえって見えるモノにこだわってしまうというのが一番目の話です。目に見えるモノが見えるから見えないものが見えなくなる、見えるモノにとらわれてしまうから、見えないものが本当はあるのだけれど、見えないものをちゃんと見ていかないといけないのだけど、残念なことに見えないものが見えなくなる、ということなのです。

●見えるモノがあるおかげで 見えないものが見えやすくなる(3/6) - HMU 達弥西心

このことを、私はいろいろな体験を通して教えられました。この気付きが実は一番大事なことではないかと思います。

どうしても片方に偏って、お金だけとか仕事だけとか、必ず「だけ」になってしまうのですが、体に何か起こること、お金に支障をきたすこと、モノがどうなるということは、すべて目に見えないところに原因があって、それが目に見えるモノを通して、原因は目に見えないところにあるということを教えてくれているのです。

●見えるモノがあるおかげで 見えないものが見えやすくなる(2/6) - HMU 達弥西心

しかし大事なことはその逆のことで、見えるモノがあるおかげで見えないものが見えやすくなる、ということです。モノがこうやってあるから、その向こうにある見えないものが見えるようになるということです。つまり大事なことは、この目に見えるモノの向こう側に見えないものがちゃんとある、ということなのです。

●見えるモノがあるおかげで 見えないものが見えやすくなる(1/6) - HMU 達弥西心

私たちは有り難いことに目に見えるモノが見えます。しかし目に見えるモノが見えることで、見えないものが見えなくなるのです。目に見えないものは見えないに決まっているではないかと思うかもしれませんが、目に見えるモノが見えると、かえって目に見えないものが見えなくなるのです。目に見えるモノしか見えなくなる、目に見えるモノが見えたらそれでいいじゃないかと思うようになるのです。

●この世は目に見えるものと目に見えないものでできている(6/6) - HMU 達弥西心

こころというと、定義が分かりにくいと思います。感情も普通は心と言いますし、それから頭で考えることも心と言いますし、欲望も心と言っています。でも本当の意味のこころというのは、「本当の自分自身の意思」です。本当の自分自身がどう思うのか、どう思っているのかということが大事なのです。ぼんやりとしたものではなく、はっきりとしたものとして自分自身というものがあり、それがこころなのです。

●この世は目に見えるものと目に見えないものでできている(5/6) - HMU 達弥西心

体は、私たちが認識している部分、これをたいてい自分と呼んでいることが多いものです。自分の体、自分とは目に見える体のことを指します。目に見える世界では、体を張って競うという傾向になっています。

しかし大事なことは、この体の中に目に見えないこころが入っているということです。

●この世は目に見えるものと目に見えないものでできている(4/6) - HMU 達弥西心

ということは、人間の体の中の大事なことは、脳も含めた体という目に見えるモノに、目には見えないこころというものが入ってはじめて人間という、「人」というものに成っていくということです。

人は何でできているかと問われて、「水分や・・・」という答えでも構わないのですが、もっと大事なことは、目に見えるモノと目に見えないものとでできている、からだとこころでできているということなのです。

●この世は目に見えるものと目に見えないものでできている(3/6) - HMU 達弥西心

机とか椅子も全部モノです。しかし、机や椅子はそれを作ろうと思った目に見えない念(おも)いがあって、その目に見えないものと目に見えるモノが一緒になって出来上がっているのです。この目に見えるモノ形ある物体と、目に見えないものが一緒になって、この世はできているのです。

●この世は目に見えるものと目に見えないものでできている(2/6) - HMU 達弥西心

目に見えるものをモノと呼びます。ということは、体は目に見えるモノですし、手に取ったりすることができるものということは、脳でさえモノなのです。だから、手、足とか鼻、目という体の部分も全部モノなのです。モノは使うものです。手や足を使う、鼻や目や舌も使うものです。脳もそうです。使うものです。

●この世は目に見えるものと目に見えないものでできている(1/6) - HMU 達弥西心

この世は目に見えるモノと目に見えないものでできているのです。目に見えるモノと目に見えないものということですが、人間の体は目に見えるものですから「モノ」だということです。

モノという定義は、何かこころのないもの、物質的なものというふうに思いますが、そうではなく、形のある物体、つまり目に見えるものを「モノ」と呼んでいるのです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ