(7)達弥西心のわかりやすい話「見極め」

達弥西心のわかりやすい話「見極め」

●思考パターン、価値観、行動様式のタイプ(5/16) - HMU 達弥西心

Aのタイプの要素が最も大きく、70%以上を占めている人は、こころが、恩とか義理とかを大切にするという、陰陽の「陰」の傾向を持っていて、恩とか義理、あるいは人情という、過去に結んだ約束を果たすため、過去に受けた恩義を返すために動くという傾向の強いこころです。

●思考パターン、価値観、行動様式のタイプ(4/16) - HMU 達弥西心

この三つのタイプは、なかにはある一つのタイプの要素だけですべてを占めている人もいますが、たいていの人はそれぞれのタイプの要素をいくらかずつ持ち合っているものです。

さてあなたは、どのタイプの様子が最も大きいでしょうか。MAOしてみるとわかります。

●思考パターン、価値観、行動様式のタイプ(3/16) - HMU 達弥西心

そして、Cが、道徳や常識によって動くタイプです。この人は、「道徳や常識」、または「過去の経験」を基にして動く人です。

●思考パターン、価値観、行動様式のタイプ(2/16) - HMU 達弥西心

そして、Bが、愛や念(おも)いによって動くタイプです。この人は、この世を生きていくには「愛や念い」がとても大切だという価値観を持っている人です。

●思考パターン、価値観、行動様式のタイプ(1/16) - HMU 達弥西心

人間は、思考パターンや価値観、行動様式において、誰でもだいたい三つの要素のタイプに分けられます。

まず、Aが、恩や義理によって動くタイプです。この人は、この世を生きていくには「恩や義理」がとても大切だという価値観を持っている人です。

●うまくいっていようが いまいが - HMU 達弥西心

あなたが頭で考えてうまくいっているとか、うまくいっていないとか一喜一憂している、その間にも天のプロジェクトは着々と進んでいます。あなたが頭で考える「うまくいっている」という感覚はあてになりません。

要するに、あなたがうまくいっていようがいまいが、プロジェクトは着々と進んでいるのです。つまり天のプロジェクトはうまくいっているのです。

その天のプロジェクトを成功させるために真剣に働く人だけが本当にうまくいくような仕組みになっているのです。この世を見渡して見ても一目瞭然です。一生懸命努力している人が必ずしも成功し、幸福になっているとは限りません。そんな馬鹿な、と思われるでしょうが、天のプロジェクトを推進するためにはたらく人だけが成功し幸福になれるのです。

そういう意味では、天の法則はきわめてフェアな仕組みと言えるでしょう。

この世の逆境に遭っても、投げ出さずに頑張っている人を、世間では立派といいます。しかし、そのとことん逆境の果てに、やっぱりこの世的にうまくいかなかったとします。それでもその逆境を受け入れるかどうか、です。本当に立派なのかどうかは、最後の最後の態度しだいということになります。

●不満でとるか 感謝でとるか - HMU 達弥西心

あなたが仕事をしているとき、ふと「こんな仕事、何も私でなくてもいいのに」、と思ってしまう瞬間がありはしないでしょうか。

ある人が私にこんなことを言いました。

いままでは正直なところ、「こんな仕事、誰にでもできる。何も私でなくてもいいのに」としょっちゅう思っていました。けれど先日から、「こんな仕事、何も私でなくてもいいのに、わざわざ私にさせていただいている」と、突然そう思えるようになったんです。

不満な気持ちで受け止めていたのが嘘みたいに、感謝の気持ちで受け止めることができるようにならせていただきました。

「何も私でなくてもいいのに」という思いは変わらなくても、それを不満でとるか感謝でとるか、これは天と地の差くらいの大きな違いです。そしてもっと重要なことは、先ほどの言葉にもありましたが、「なった」のではなく、「ならせていただいた」、ということです。

うまくいったり、進歩したりすると、たいてい自分の努力だとか、自分の力だとか思いたくなってしまうものです。しかしほとんどの場合、自分の力はほんのわずかで、あとは他からの「引上げの力」をいただいて、上げさせていただいているのです。

俺はすごいんだ、私は素晴らしい、という自画自賛の人間賛歌もそれなりに結構ですが、すごいのは素晴らしいのは、自分の中のこころがすごくて素晴らしいのであって、さらに、そのこころの進化をすすめてくださっている天の存在が、素晴らしくて尊いのだということです。

●思いだけで突っ走ってきて - HMU 達弥西心

時の流れの中をただひたすらに“思い”だけで突っ走ってきて、季節の移り変わりにも心を留めることも少なかったのですが、記憶の片隅にある同じ場所の同じ場面に遭遇すると、どう生きていったらいいのか皆目見当もつかなかった学生時代が退屈すぎるほど時間がゆっくりと流れていただけに、社会に出て、さらに達弥西心になってからというもの、時間が幾重にも重なりながらぎっしりと詰まったまま重たく、しかも猛烈なスピードで流れていくようで、時間の重みとか密度というものを否が応でもずっしりと感じます。

時間という、誰にとっても一日二十四時間という、一見平等に与えられているようにみえる代物、しかし誰にとっても同じではありません。その人によって、時間は伸びたり縮んだり、粗くなったり詰まったり、遅くなったり早くなったりします。

実際に私自身の過去を振り返ってみても、時間はいつも決して一定の長さや早さであったことはありませんでした。時間は人それぞれで長さも密度も違うのです。

ただそう感じるだけだよと言っている人、そう言い切ってよいでしょうか。その観念は脳で考えたものではありませんか?

●出会いと別れ(2/2) - HMU 達弥西心

この世に生まれたということは、この世のすべての人この世のすべてのモノと出会うことの始まりです。この世と出会っているわけですから、この世のすべてと出会う可能性があるわけです。

しかしこの世に生まれてきたということは、必ずこの世と別れないといけないということです。出会った分だけ別れなければいけない、1000人と出会ったら1000人と別れなければいけないということです。これは普通のこと、その普通のことになぜ執着するのか、執着するから悩みになるのです。

そのように考えてくると、私たちが体を持っているがために、目に見えるモノが主体だと思ってしまい、そこからいろいろなことで悩みや迷いが出てくるということなのです。

●出会いと別れ(1/2) - HMU 達弥西心

普通のことの中に、出会いと別れ、別れと出会いということもあります。これも、この世ではごくごく普通のことです。「こころ」はもともとひとり歩きをしています。この世でもひとり歩きができるはずなのに、できないのは、モノであり幻である肉体がそういう欲望を持つからです。出会ったら別れたくない、別れなければ出会えないというのはすべて体の都合、幻の世界の都合なのです。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ